文月、夏と秋が混在する行き合いの空。

和暦における文月の始まりは、8月1日の新月。

皐月もそうですが、“葉月”という響きが好きで、8月はいい名前だなと思い長年生きてきたので、8月が文月というのは、ちょっと違和感がまだ拭えない感じですが...。

今回は切りよく、グレゴリオ暦のカレンダーの8月1日が新月となります。

梅雨が明け、裏の神社から聞こえる蝉の大合唱がパワーアップしたと思いきや、8日にはもう立秋を迎えるわけです。そして、蝉からツクツクボウシやヒグラシにバトンタッチ。夕暮れ時に見かけるトンボは、さらに秋の気配をいざないます。

今回の新月は一粒万倍日でもあり、まさに何かをスタートさせるにはうってつけかもしれません。

そして、獅子座の新月のキーワードは、一粒万倍日に相応しく「誰かが喜ぶことに夢中になる喜び」。

8月8日の立秋には、ライオンズゲートが全開状態に。この日は、天体の配列が揃い、地球が天の河銀河の中心になる日であり、最も宇宙エネルギーが降り注ぎ、物質世界と霊的世界がつながるといわれます。

ライオンズゲートは4日あたりから開き始め、8日で全開となり、徐々に閉じ始めて12日にはゲートは完全に閉じるのですが、古いエネルギーから新しいエネルギーへの移行するこの期間は、終わり・始まり・浄化、つまり“生まれ変わり”の時期。

この時期は、心身が不安定な状態になりやすいため、無理をせず、睡眠もしっかりとって体を休め、一人の時間を持つようにするのが大切です。自然と触れ合うようにすれば、新しいエネルギーへの順応を早めてくれます。

宇宙から降り注がれるエネルギーと暑さのピークが過ぎれば、お盆が始まります。

そして、お盆の最終日である15日が満月。

水瓶座の満月のキーワードは「深い呼吸で心を整え、平和をいのる」。

終戦記念日でもあるこの日に相応しいキーワードです。

令和元年の8月は、一粒万倍日の新月に終戦記念日の平和を祈る満月。ここを境に、何やら急速な変化が訪れるような気配も...。

さて、心身が不安定になったり夏の疲れが出始めるこの時期、体内に熱がこもると熱中症や夏バテの原因となるため、適度に汗をかきながら、余分な熱を冷ますことが重要なポイントです。冷房のきいた室内で長く過ごすことが多い場合、汗腺機能が低下することもあります。こんな時は、腹部を温めつつも発汗作用があり、余分な熱を体の外に逃がしてくれる生姜や葛がおすすめです。葛入りそうめんと薬味の生姜はうってつけです。みょうがもいいですね。

あと、トマトやキュウリなどの夏野菜は、夏の日差しや冷房で乾燥した身体に潤いを与えてくれます。


心身を整えて、“生まれ変わり”に備えましょう!



台所すたいる―自然食品・アロマ・嗅覚反応分析・生命の樹―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/嗅覚反応分析/生命の樹カウンセリング

0コメント

  • 1000 / 1000