鳴神月、水無月。

7月3日は新月。和暦における水無月が始まります。もう既に和暦では晩夏。

既に6月初旬に梅雨入りしていたと思っていたら、それは関東地方の事だったようで、関西の梅雨入りはつい最近だったようです。

少し前までの爽やかな気候から一変して、黒南風により気温も湿度も一気に上昇。日本はアジアだったと改めて思う次第...。

しかし、庭のアジサイが急に生き生きとし始めたり、芝生が青々としてきたりすると、植物にとってはとても重要な時期なのだなぁと。

激しい雨や雷も多い時期。

風が吹くと緑の波となる青田に激しい夕立が降り注ぎ、天の氣を降ろす稲妻によって大気中の窒素が地中に流し込まれ、生育が促されます。

水無月の新月と満月のキーワード

7月3日  蟹座の新月:笑いは癒し。人を笑わせ幸せを分かち合う。

7月17日  山羊座の満月:思いやりで世界が広がる。

黒南風により空気は重いですが、月のキーワードは軽やかな模様。


この時期の食養生としては、冷たいものや脂っこいものを避けて小食に。豆や芋などの穀類の自然な甘みが体に良いとされているようです。汗をかくと水溶性のビタミンB1の消費が激しくなるため、それを多く含む大豆などが身体にとって良いようです。

あと、熱中症予防もかねて良質のミネラルの摂取もしっかりと。

身も心も軽やかに、梅雨を過ごしたいものですね。

台所すたいる―自然食品・アロマ・嗅覚反応分析・生命の樹―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/嗅覚反応分析/生命の樹カウンセリング

0コメント

  • 1000 / 1000