「花と鳥の月」、卯月。

 昨日の牡牛座の新月より“卯月”の始まりです。

 卯月は、田植えの始まる季節でもあることから「植月」とも呼ばれるそうで、様々な鳥たちが夏の訪れを告げる時期でもあります。

 今回の牡牛座の新月は「大切なものをしっかりと握る」というキーワードが書かれており、自分の好きな物、心地よく感じるものに意識を向けるのが良いそうです。そして、「令和」という時代は、まさに、自分の“心地よさ”を大事にする時代とも言えるようです。

 ちなみに、本日のゴールデンウィークの最終日は、立夏であり、一粒のモミが万倍に実るという「一粒万倍日」でもあり、何かをスタートさせるのには良い日とされます。

 平成から令和に代わるまでのゴールデンウィーク前半は、雨模様ですっきりとしないお天気が続きましたが、令和の時を迎えてからというもの、連日、緑のまぶしさを強調する陽ざしのお天気が続いております。

  風薫る五月を迎えたと思いきや、庭のアジサイにはすでに蕾が。

  青々と様変わりしてきた庭には、雀が遊び、アゲハ蝶が舞うようになりました。

  ホント、いい季節になりましたね(^^)/

台所すたいる―自然食品・アロマ・嗅覚反応分析・生命の樹―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/嗅覚反応分析/生命の樹カウンセリング

0コメント

  • 1000 / 1000