発酵or乾燥のルイボスティー

 有機栽培ルイボス茶&みどりのルイボス茶。
 どちらも1パックで1.8Lのお茶が煮出せます。(みどりのルイボス茶は水出し&急須・ティーポットでもOK)
 2種類のルイボス茶の違いは...
 通常のルイボス茶は茶葉をじっくり長時間かけて発酵させますが、みどりのルイボス茶は発酵させずに低温乾燥させることで、茶葉が更に酸化しにくくなります。そして、風味も発酵させたものよりすっきりとしたどちらかというと緑茶に近い感じに。お茶の色は薄めの茶色になります。
 栄養素的には、発酵させないため、ミネラルの損失も少なく、抗酸化作用のあるフラボノイドが通常の発行させたルイボスの10倍含まれます。
 なので、ストレス、紫外線や大気汚染、喫煙、酸化された食べ物による体内の酸化を抑制するのに一役買ってくれます。
 通常の発酵タイプのルイボス茶か乾燥タイプのグリーンルイボスかは味の好みもあるかと思いますが、紫外線の強いこれからの季節や、ストレスの多い方や喫煙されてる方は、みどりのルイボスがおすすめです。


台所すたいる―自然食品・アロマ・嗅覚反応分析・生命の樹―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/嗅覚反応分析/生命の樹カウンセリング

0コメント

  • 1000 / 1000