如月、生更来、草木張月。

 庭の桜の蕾も膨らみ始め、随分と春らしくなってきたなと思いきや、暫く雨模様の様子。

 因みに、我が家の桜は寒緋桜で、ソメイヨシノよりも1週間から10日程早く開花するので、毎年春分の日あたりに咲き始めます。

 桃の節句が終わりましたが、和暦では、3月7日の新月から「如月」の始まりです。

 この時期の静かな雨は土を潤し草木が蘇るので、「生更来」「草木張月」、そしてまだ寒さが残る事から「衣更着月」とも。

 更に、春分を境に陽気が優勢となる事から「気」が更に来る月という意味もあるようです

 で、今朝のチェック。

 まずまずといった感じでしょうか...逆台形の形が随分と増しになりました。以前は、もっと上が大きかった...。私の場合、雨続きだったりするとグラフの上(マイナス)が多くなりがちです。

 つまり、湿度高いの、苦手なんですよね…( ;∀;)


  皆さま、寒暖差激しいこの季節、くれぐれもお身体ご自愛ください。

台所すたいる―自然食品・アロマ・嗅覚反応分析―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/嗅覚反応分析

0コメント

  • 1000 / 1000