油、いろいろ。

 現在、玄米油、なたね油、ごま油(白・焙煎)、オリーブオイル、フラックスシードオイルを取り扱っています。


 酸化しにくく加熱に強いのは、玄米油、なたね油、ごま油、オリーブオイルで、加熱に向かないのはフラックスシードオイルです。(エキストラバージンオリーブオイルは香りを生かすため生で使用されることが多いですが加熱しても使えます。)


 玄米油、菜種油、ごま油(白)は、クセがないのでどんな料理にも使いやすいです。ごま油(焙煎)は独特の風味があるので、餃子や中華はもちろん、きんぴらなどの風味付けに。

エキストラバージンオリーブオイルもまた独特の香りと風味がありますので、使う場合は料理によりますが、仕上げの風味付けに使ったりもします。(お好みで)


■米油・オリーブオイル:オレイン酸(オメガ9)

酸化しにくく、LDLコレステロールを除去するといわれている。


■なたね油・ごま油:リノール酸(オメガ6)

摂取割合が最も多いといわれるリノール酸は、摂り過ぎるとアレルギー症状や老化促進、コレステロール過多になるといった影響があるといわれ、注意が必要な油。


■フラックスシードオイル:αリノレン酸(オメガ3)

体内でDHAやEPAに変化し、脳の活性化に作用したりLDLコレステロールの除去作用があるといわれる。


あと、油は、低温圧搾(コールドプレス)製法のものがオススメです。

 こちらの“和の玄米オイル”、クセがなく加熱料理には使いやすいのはもちろんのこと、サラダや料理に直接かけたりしても美味しくいただけます。しかも、大匙一杯で、玄米ご飯2膳分の栄養素が摂れます!

 化学溶剤や界面活性剤を使って抽出される一般的な米油とは違い、自然農法登米普及会(宮城県登米市)が栽培した有機JAS米「ひとめぼれ」から採った新鮮な米ぬかから、そのまま圧搾して抽出された玄米油です。

 オススメです!


TMチェックで、体に合う油がわかります!

台所すたいる―自然食品・アロマ・サードメディスン―

自然食品・雑貨販売/自然療法/アロマトリートメント/サードメディスンチェック

0コメント

  • 1000 / 1000