セール
ポイント
ラッピング
fax
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索
店舗紹介
ホーム 食品 調味料
ホーム 価格別 ¥3,001 〜 ¥5,000
だし&栄養スープ 500g

魚を頭からしっぽの先まで丸ごと使用。さらに、原木椎茸・昆布・無臭ニンニクが加えられ、旨味&栄養たっぷりです。酸化しやすい脂肪分や不純物は除去されているので臭みがありません。
粉末状でサッと溶けるので、あっという間に一番だしが完成!マグカップで簡単にスープもできます。
さらに、独自の製法でタンパク質をペプチド化することにより、体内での吸収率もアップ。短時間で吸収されるので、体に負担をかけることなく消化できます。お子様からご高齢の方、また、体調を崩してしまったり、体力が落ちている時などの栄養補給にも!

★「だし」:水1カップに対して5〜10g(大さじ山盛り1杯で約10g)

★「栄養スープ」:10g(大さじ山盛り1杯)にお湯200〜200ml。お好みで塩などの調味料を少々。「さとうの塩」との相性バッチリ!

★「調味料」:天つゆ、めんつゆ、炊き込みご飯、チャーハン、お好み焼き・たこ焼きの生地、浅漬け、焼き魚(振りかけて焼くと魚特有の匂いが抑えられます。)など、和洋中問わずお使いいただけます。


■内容量:500g
■原材料:澱粉分解物(キャッサバ芋・タイ)、カタクチイワシ(福岡・長崎県近海)、カツオ(鹿児島県近海)、昆布(北海道)、原木栽培椎茸(大分県)、無臭ニンニク(山口県)
■販売者:有限会社 千年前の食品舎
■保存方法:直射日光・高温多湿を避け、密封容器にて常温保存

※湿気により風味が損なわれますので、開封後は中袋ごとタッパーなどの密閉容器に移すと使いやすくなります。

「魚を丸ごと食べたら天寿を全うできる栄養がすべてある。」

開発者の祖父の遺言から"だし&栄養スープ"は生まれました。
 

毎日毎日大量の魚を切り刻み、そのうちの半分以上を廃棄しなければならない(魚は食べられる部分は40%、食べられずに廃棄される部分が60%)ということに胸を痛めていた山口県下関市で水産加工食品業を営んでいた親子が、「化学的な薬品や方法を使わずに魚の命を生かしきるにはどうすればよいのか?」と試行錯誤の末、完成されました。

 下関には新鮮なイワシがたくさん入ってくるので、それに目をつけられたそうです。それらの新鮮なイワシを大きな圧力釜のような装置で繰り返し加圧・減圧を繰り返してイワシを煮ることで、"イワシの丸ごとのエキス"は完成します。頭かからしっぽの先まで、そして骨も丸ごと入っていますから、カルシウムなどのミネラルも豊富で、希少ミネラルであるセレンなども含まれています。

 しかし、そこで問題となったのは"イワシの脂"です。イワシなどの魚に含まれる脂肪酸は不飽和脂肪酸であり、重要な栄養素である反面、非常に酸化しやすいというデメリットがあり、この脂分があると、時間がたつと臭みがでてくる「戻り臭」の原因となります。料亭などで、とっただしを白いさらしで何度も濾すのはこの脂を取り除くためです。

 如何にして、この油を取り除くか?そこで登場するのがNASAが開発した"限外濾過膜"です。
※限外濾過膜…人間の小腸の粘膜よりもより細かな孔の膜。

 このNASAから持ち帰った限外濾過膜を使って独自の装置を開発し、イワシのエキスを透過させるという方法で、エキス中の脂の微粒子をきれいに取り除くということに成功されました。これにより、何日たっても嫌な戻り臭のないエキスが完成。

 「でも、魚の脂のDHAやEPAが健康にいいんじゃないの?」と思われるかもしれません。"だし&栄養スープ"にはこれらの脂肪分は含まれていませんが、これらと同じような働きをすることが分かっています。
さらに、この限外濾過膜を透過させることにより、たんぱく質がペプチドになり、身体に負担をかけず吸収される状態になりますので、ペプチド化するのに化学薬品を使った処理や遺伝子組み換えなどが行われていません。
こうしてできたエキスを最後に乾燥・濃縮して完成するのですが、この工程においても手間暇がかけられおり、有効成分が不活性化しないように逆浸透膜を使って低温で水分を抜いていくという方法がとられています。この方法は、まるで人間の大腸と似た働きなのだそうです。

 イワシのほかの原材料のカツオ、昆布、原木椎茸、無臭ニンニクに関しても同じように抽出されていますので、まさに捧げられた命を丸ごと活かす「海と山のペプチド 天然素材100%製品」です。

海と山のペプチド

原材料である丸ごとのカタクチイワシ、カツオ、原木栽培椎茸、昆布、無臭ニンニクのエキスをNASAの限外濾過膜に透過させることでタンパク質がペプチド化されています。
☆合成化学薬品処理や遺伝子組み換えによるペプチドではないので安心です。

☆”ペプチド”とは
・タンパク質が分解されてアミノ酸として吸収される一段階前の分子結合
・アミノ酸が2〜10個程度結合した状態(ちなみに、タンパク質はアミノ酸が100〜数千個結合しているものをいいます。)
・消化過程による内臓への負担も少なく吸収が速やか(30分程度で血液中に吸収)
・体内において神経伝達物質やホルモンの材料になったり、ホルモンそのものを作り出したりと生体維持の役割を担う
・アミノ酸単体よりも豊富な栄養素を持つ(アミノ酸が10個程度までの数結合することで、新たな機能性を持ち、生理活性や予防の役割を果たします。)

抗酸化作用、免疫調節、血圧調節、ミネラルの吸収促進、骨形成促進、美肌作り、脱毛防止などのあらゆる生体活動はペプチドなしでは成しえません。

海の幸、山の幸からのペプチドがふんだんに体内に摂り込める「だし&栄養スープ」は、病中・病後の体力回復など、赤ちゃんからお年寄りまで安心して日々の健康な身体や美肌作りのためにお役立ていただけます。 まさに”飲む点滴”!

「肝」と「腎」の働きをサポート

だし&栄養スープには、イワシやカツオは骨まで、そしてシイタケや昆布、無臭ニンニクが丸ごと入って「ペプチド化(※タンパク質が分解されてアミノ酸になる前段階の物質)」されています。

中でも”イワシ”のペプチドは肝臓や腎臓の働きを高めてくれるということが大学の調べたで分かっています。<Br>
肝臓や腎臓が健康であれば、体内に入った毒素もスムーズに分解して排出され、体のめぐりが良くなるので様々な器官に良い影響を及ぼしてくれます。

朝と寝る前に大さじ一杯のだし&栄養スープを180〜200cc程度のお湯に溶かして、お好みで塩を加えて飲むのがオススメです。

お客様の声

先日、娘が来た時に「美味しい!」と、買ったばかりのだし&栄養スープを持って帰ってしまったので、また買いにきました。最初は私だけでしたが、今は家族全員、朝晩スープを飲んでいます。

朝晩スープにして飲んでます。
先日、なんか調子が悪いなとおもったら血圧が半分くらいに下がっていたので病院の先生に相談したところ、長年飲み続けていた高血圧の薬を見直す事になりました!

最近、肝臓の数値が高めだったのですが、スープにして飲んでいたら、先日の健康診断で肝臓の数値が下がっていました!

仕事で長時間パソコン作業を行っているため、目や肩が疲れ、手も震えたりしていたのですが、このスープを飲み始めて2週間もたたないうちに手の震えがなくなりました。

※これらはすべて個人の感想です。