セール
ポイント
ラッピング
fax
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索
店舗紹介
用途によりご自身に合った鍋があります
鍋の素材で選ぶ

鋳物鍋の特徴

 

鋳物鍋の原材料は、メーカー独自の配分量があるが、銑鉄とコークスが主原料で型に溶けた原材料を流し込み成型研磨。それにガラス質を焼きつけたホーロー仕上げ(下記ホーロー鍋の特徴参照)。

 

重い製品が多い中、比較的軽いフェラミカ製がおすすめ。
保温性と熱伝導性に優れた材質で熱の当たりが柔らかい。煮えむらが避けられる。また、重い蓋により煮汁の蒸発が最小限に抑えられ旨みを逃がさない。
汚れにくい。長時間火にかけても焦げ付きにくい。焦げ付いても水に重曹を入れ煮沸するなどして洗いやすい。酸にも強い。
煮込み料理、シチューやスープはもちろん炊飯や揚げ物、オーブン料理まで得意な鍋。素材の良さを引き出す無水料理も可能。(詳しくは取扱説明をご確認ください。)

 

アルミ鍋の特徴

 

アルミ鍋の原材料はアルミニウム。

 

鉄などの約3分の1程度と軽く、酸化被膜により錆びにくい。

 

加工性が高く、打出し加工などをすることで丈夫で長持ちする。

 

熱伝導率が高い金属なのでお湯が早く沸く。

 

しかし、酸やアルカリに弱く、調理したものを長時間そのままにして置かないようにする(短時間調理向け)。また、水道水や食材に含まれるカルシウムなどのミネラルに反応して黒ずんでしまう。その場合は、リンゴやレモンを煮てスポンジでこすり取る。そのあと、米のとぎ汁や野菜のくずを煮て酸化被膜を作ることで長持ちします。(使い始めにも有効。)酸化被膜を取らないように金たわしなどは使わない。

 

台所や調理場では、手軽に使えることから一番ポピュラーな鍋といってもいい。

 

ホーロー鍋の特徴

 

ホーロー鍋の原材料は、鉄板をプレス成型したものにガラス質の釉薬を塗り焼き付け塗装したもの。

 

酸やアルカリに強く、保温性が高く臭い移りしにくい鍋(長時間調理向け)。

 

ガラス質塗装のため、衝撃に弱く、また金たわし、クレンザー等で傷が付きやすい。また、急冷や空焚きは避けること。

 

お手入れは、研磨剤なしのスポンジでこするように洗う。焦げ付いた場合は、水に重層を入れ煮沸し、さらに小さじ1〜2の酢を入れるとよく落ちる。

 

ステンレス鍋の特徴

 

ステンレスは、stain(錆びる)+less(〜ない)から錆びにくい金属。

 

熱伝導率が低く、温まりにくい性質があるが、一旦温まれば温度が下がりにくく保温性に優れた鍋(長時間調理向け)。酸やアルカリに比較的強く、衝撃にも強い。

 

しかし、熱伝導が低い分、鍋底の火が当たる部分だけ高温になり焦付きやすくなる。また、油のりが悪く焦げ付きには注意が必要。比較的重い。

 

お手入れは、使用後すぐに水で洗い流すなど汚れを落ちやすくする。目立った傷が付かないようにステンレス用の洗剤も有効。

 

土鍋の特徴

 

土鍋は、金属の鍋と違い、とても熱伝導率が低いので、鍋全体に熱が伝わって調理する。その分、保温性が高く、火を消した後も余熱で調理出来てしまう(長時間調理向け。エネルギーの節約も)。じっくり熱を伝えるので美味しく調理できる。

 

使い始めは、お粥を炊くなど目止めをする。急激な温度変化に弱いため空焚き(OKの土鍋以外)や濡れた状態で火にかける、急冷することは避ける。

 

お手入れは、水で洗う。吸水性があるため洗剤は使わない。洗った後はしっかり拭いて乾かす。焦げ付いた場合は、お湯を張って放置、煮沸してスポンジでこする。

ご飯を炊くときは、味・臭い移りが気になる時は土鍋を専用とした方がいい。

 

IH対応鍋の特徴

1、材質は磁石がくっつくかどうかがポイント。

鉄・鋳物・ホーローの鉄系のお鍋と、ステンレス(一層でも多層でも)製のお鍋が使用できます。

最近では、オールステンレス対応IHがあるので、磁石にくっつかない銅製やアルミ製のお鍋が使えるIHコンロがある。

2、大きさに注意が必要。

基本的に鍋底の直径が最低12cm以上必要。

最大は直径26cmくらいまでとなっているものが多い。三口IHコントで後ろにIH使用の場合は、18cmくらいとなっている。

3、鍋底の形状も重要。

底が反っていたり安定しない丸い物、足が付いているものは使用できない。

以上がIH鍋の特徴。お手入れ等は上記材質別に記載した通り。IHだからといっても使用上の注意を確認の上安全に使用すること。


 

サイズで選ぶ

10〜15cm・・・1〜3人向け 煮物はもちろんグラタンなど一人用に最適。15cmくらいであれば1〜2合くらいの炊飯も可能。

16〜20cm・・・2〜4人向け 小家族に最適。2〜3合くらいの炊飯が可能。

21〜27cm・・・3〜6人向け 大目に作り置きができるサイズ。2〜5合くらいの炊飯が可能。

28〜32cm・・・4〜10人向け 土鍋代わりの料理にも。大量に作ることができる。

※上記の分量はあくまで目安としてお考えください。

台所すたいる 店長の考え方

家族構成で大きさを、どのような料理をするかでタイプを選べばいいと思います。
たとえば、1人暮らしでも作り置きして時間を有効に使いたいと思うなら20cmくらいの鍋を進めします。

炊飯は洗い米を30分くらいおいてセットし、ガス火で一度吹きこぼれたら弱火にして10分。そのあとは火を消して10分ほど蒸らせば出来上がりなので案外簡単にできます。

また、鋳物鍋で重いのはちょっとという方には、フェラミカのかわぐちいいものをおすすめします。

複数取り揃えるなら上下1サイズ違いの鍋を用意するといいかもしれません。

調理法や料理によって鋳物鍋を使い分けることも必要だと思います。

何かご質問がございましたら下記まで連絡をお願いいたします。お気軽に。
お問合せメールアドレス:
info@daidokoro-style.com