セール
ポイント
ラッピング
fax
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索
店舗紹介

ローフードって?

ローフード<raw(生) food(食べ物)>はその名の通り、「生の食べ物」を意味します。

生の野菜や果物(生の魚や肉をたべる場合も)を食べることによって、酵素(48℃以上の加熱により破壊される)を体内に取り入れ、アンチエイジングやダイエットなど健康になるための食事方法です。

そして、酵素には3種類あります。

消化酵素・・・口腔、胃、十二指腸、小腸といった消化器官から分泌される酵素。

代謝酵素・・・吸収されて細胞内に取り入れられた栄養素を生命活動に必要な物質に変化させる酵素。

食物酵素・・・生の食べ物に含まれているその食べ物を消火するための酵素。

消火酵素」と「代謝酵素」の体内酵素が十分にあり、その活性が高ければ、老化を遅らせ健康を保つことができます。

歳をとっても若々しい人は酵素の活性が高い人ということです。逆を言えば、酵素が不足している人は早く老化し、病気にもなりやすいということです。

もともとその食べ物を消火するために必要な酵素を含んでいるローフードは、消火酵素を分泌する器官の負担を軽くし、血液の流れや老廃物排出、免疫向上に大きく関与する代謝酵素の分泌を促すこととなりアンチエイジング、病気予防になります。

 

◎肉類や加工食品、お菓子などを多く食べる人の場合

体内の消火器官は消火酵素をたくさん使用しなければならず、代謝酵素があまり生成できない。

体の代謝が悪くなり、老廃物が排出されずに蓄積して疲れやすくなって体調不良を引き起こし、病気を引き起こす。

◎野菜や果物を良く食べる人の場合

果物や野菜に含まれる酵素が、消火を助けてくれるので消火酵素をあまり分泌する必要がなく、代謝酵素が多く生成される。

体の代謝が良くなり、老廃物の排出が活発になり、細胞が良い状態で作りかえられるので健康になり、老化予防に。     

 

☆ローフードの食べ方

朝食:果物のみ(フレッシュジュースなど)

朝4時から正午までは解毒の時間なので、消火に負担のかからない果物がベスト。午前中の間は、空腹になれば、果物ならどれだけ食べてもOK。

昼食・夕食:まず最初に生野菜を食べてから、食事を。

※夕食は夜8時までに済ませ、それ以降の場合は野菜のみなどの消化の良いものを食べるのがよい。

------------------------------------------------------------------------------------------

店長の場合、朝食はフルーツのみ、昼・夕食は通常の食事に多めの生野菜サラダを一品加えています。2か月程度続けて、初期のころに体重は3キロ程度減少しましたが、それからは3キロ減をキープといったところでしょうか。

ロー率を80%以上にすると効果が早いといわれているようですが、店長の場合は50%〜60%程度というところでしょうか。少しずつ取り入れています。しっかりとちゃんと自分の好きなものも食べていますし(笑)

自分なりのペースで少しずつ始めることができるローフードで体のメンテナンスを始めてみてはいかがですか?

ローフード関連の道具はこちら>>