セール
ポイント
ラッピング
fax
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索
店舗紹介

極&S-Typeでホットケーキ

極フライパン20cmとセラミックコーティングのナノセラファインS-typeフライパン20cmを使ってホットケーキを焼いてみました。

まずは、生地作り。

ホットケーキ生地

【A】・薄力粉 200g ・ベーキングパウダー 小さじ2 ・塩 一つまみ

【B】・卵 2個 ・グラニュー糖 60g ・牛乳 150ml(今回は豆乳) ・バニラエッセンス 少々

1.薄力粉をふるいにかける代わりに泡立て器で粉を混ぜます。

2.【B】の材料を計量してよく混ぜ合わせてから、【A】と混ぜ合わせます。

3.滑らかになるまで良く生地を混ぜ合わせ、生地が堅いときは牛乳を加えて調節します。

生地ができたらフライパンを中火で温めて準備。極フライパンの方は、全体に油をなじませてから使います。ナノセラファインS-typeの方は普通に油をひくだけです。

ホットケーキ10ホットケーキ11

フライパンが温まったら、生地を流しいれます。

ホットケーキ15 ホットケーキ16

左:ナノセラファイン S-type     右:極

弱火で焼き、プツプツと穴があいてきたら、ひっくり返します。

ホットケーキ17ホットケーキ18

もちろん、ひっくり返す時もくっつきません。

ホットケーキ19ホットケーキ20

ひっくり返してから、弱火でしばらく焼きます。

ホットケーキホットケーキ

前日に作っておいたリンゴジャムをつけていただきました。

いくらか、ナノセラファインS-typeの方が、火の通りが早かったように感じますが、仕上がりはどちらもふっくらとした美味しいホットケーキとなりました。

 

最後に一言:フライパンには金属製のターナーは使わないようにしましょう。キズが付くとそこが錆びたり、焦げ付きの原因になりますよ。どうしても、金属製のターナーが使いたいのなら、角やエッジがとがっていない丸いものを選び、やさしく使うよう心がけましょう。柄の部分でコンコンと叩くこともいけませんよ。

☆今回使用したフライパン

リバーライト極フライパン20cm 

リバーライト極フライパン20cm        

リバーライト ナノセラファイン S-Typeフライパン20cm(旧モデル廃番品)>>新モデルはこちら